Life in Art アートのある暮らし

Yasuo Okuda 奥田 康夫

陶芸出身ならではの独自の技法によるガラスの器は、海・空・花・果実など自然の中にある形や色を元に、奥田氏の解釈から生まれたもの。ガラス素地には素焼きの型肌と微細な気泡が共存し、光を受けてやさしく輝きます。手仕事の温もりや透きとおるガラスの美しさをお愉しみください。

日本橋店では8月29日(月)まで展示会を開催中。涼しげな器やオブジェは、夏の贈り物にもぴったりです。ぜひご覧ください。

展示会情報を見る 奥田 康夫 特集
奥田 康夫
奥田 康夫

東京藝術大学で陶芸、同大学院でガラス造形を学ぶ。同大学での教育研究助手としての勤務を経て、千葉に築窯、工房を構える。現在は陶芸とガラス造形の両方の技術を用いて作家活動をする傍ら、大学の非常勤講師として学生の指導にもあたっている。