「収納を飾る」

収納というと「隠す」というイメージをしがちですが、隠さず「魅せる」のがイデーの考える収納。収納は実用性を兼ねたインテリアなのです。

ものをしまいながら好きなものもプラスして、彩りを添えた収納をお部屋の主役に仕上げましょう。

魅せる収納をつくるシェルフやバスケット、彩りに欠かせないアートなどのアイテムをご紹介します。

魅せる収納をつくる家具

魅せる収納に欠かせないのが収納力とデザイン性を兼ね備えたキャビネットやシェルフ。リビングなどの人が集まる場所には飾ることを思いきり愉しめるオープンシェルフを。キッチンやベッドルームは、扉がついたシェルフでお掃除を簡単に。玄関などのコンパクトな場所にはベンチを置けば使い勝手も〇。まずは魅せる収納をつくる場所を用意しましょう。

飾るを愉しむオープンシェルフ

リビングやダイニングなど人が集まる場所にはオープンシェルフを使って魅せる収納を思い切り愉しみましょう。背の低いタイプはシェルフの上にアートを飾るのがおすすめです。
ワゴンは使いたい場所に動かせるので場所を選ばず活躍します。

しっかり収納するキャビネット

ベッドルームやキッチンには扉がついたキャビネットを。魅せたいものは表に出して、しまいたいものはしっかり収納できるのが良いところ。ガラス扉はホコリが入りにくいのでお掃除も簡単です。

働くを愉しむシェルフ

書類や本がかさばりがちなワークスペースこそ、魅せる収納の出番です。デスクと同じシリーズのシェルフを選んで統一感のある空間に。ヴィンテージのシェルフなら、こだわりあふれる空間のできあがり。
お気に入りを見つけて自分らしく彩ってみましょう。

魅せる収納のマストアイテム

隠さず魅せるといっても、見せたくないものもあるのが実情。そんなときはかごやトレイの出番です。
よく使うものは素材にこだわったかごにひとまとめ。こまごましたものは小さなトレイに。なんでも入る大きめサイズもひとつあると助かります。サブ収納があればどんなものでも隠さず魅せることができる。だから魅せる収納のマストアイテムなのです。

よく使うものを入れるかご

よく使うものを入れるサブ収納におすすめなのは素材にこだわったバスケット。天然素材のものはどんなインテリアにも馴染みます。
ついあちこちに置いてしまいがちな小物たちをまとめて入れておけば、持ち運びもしやすく見た目もかわいらしくまとまります。

小さなトレー

こまごましたものは小さなトレーにひとまとめ。たったそれだけで魅せる収納のできあがり。
素材や形は置く場所や入れるものに合わせて選びましょう。持ち手のついたタイプは使いたい場所に移動しやすく便利です。

なんでも入る大きめストレージ

何でもすっぽり入る大きめサイズはひとつあると便利。読みかけの雑誌や新聞を入れたり、ルームシューズやストールなどのかさばるアイテムを入れたり。子どものおもちゃ入れとしても活躍します。
急な来客時にはさっと片づけられて便利です。

これがあれば魅せる収納

ものを収納したらアートやオブジェで彩りを。魅せる収納はこの+αのアイテムが要です。あるとなしでは大違い。これがあれば魅せる収納のできあがりです。お気に入りのポスターを置いたり、時計やランプ、植物やお花を飾ってみるのも〇。自分で「これがいい」と思うものを選んで飾ってみましょう。そう思うことこそ「魅せる」ための第一歩です。

アート&オブジェ

アートは暮らしに寄り添う身近な存在。いつも使う収納に飾ってみるとお部屋に馴染む収納のできあがり。低めのシェルフの上にはお気に入りのアートポスターを。壁に穴を開けられない方におすすめの飾り方です。小さなサイズのアートはシェルフの中に。オブジェも一緒に飾ってみましょう。

時計

お部屋に馴染む収納を作りたいのなら時計がおすすめ。いつも使うものだから、グッと馴染みがよくなります。
1日に何度も見るものこそ、こだわりを感じるデザインのものを選びましょう。

テーブルランプ

棚の中にオブジェのように置いて愉しむこともできるテーブルランプ。充電式のポータブルタイプならコードの行く先や電源プラグの在処も気にしないで大丈夫。素敵なオブジェや本を添えてスポットライトを当てるようにしてみると、その一角が特別な場所に早変わりします。

グリーン&アートブック

いつも目に入る場所の余白には小さなグリーンがおすすめ。シェルフの上など陽のあたるところに置いて愉しみましょう。光の入らない場所には、お花を飾るのもひとつのアイデア。そして装丁の美しいアートブックがあるとワンランク上の魅せる収納に。たまに読んでは置いてを繰り返すのも愉しみです。

お片づけや模様替えの基本も押さえましょう。
こちらの特集もご覧ください。

お片づけと模様替え特集

理想のお部屋づくりの参考書

  • 『暮らしを愉しむお片づけ』小林夕里子

    イデーのディスプレイを統括するVMD担当による「暮らしを愉しむための整理術と飾る収納のコツ」をあますところなくお伝えする一冊。ものが多くても収納が苦手でも、片づいて見える部屋づくりの実践本です。

    商品詳細・購入

  • 『LIFECYCLING』イデー

    さまざまな人々の住空間を訪ねて魅力あふれるライフスタイルを紹介する、イデーのインタビューマガジン『LIFECYCLING』書籍版。読み物としてもコーディネートの参考やビジュアル本としても愉しめます。

    商品詳細・購入

新規会員登録はこちら