岡本太郎の家具

戦後の日本においてその強力な個性と行動力で圧倒的な存在感を残した芸術家岡本太郎さんは、絵画や彫刻のみならず家具や照明、食器や電化製品にいたるまで、暮らしの中に登場するさまざまなプロダクトのデザインを手がけています。太郎さんにとっては芸術もデザインも同じ地平にあり、その創作に隔てなく情熱を注いだといいます。

かつて南青山にあったイデーショップの隣には岡本邸、現在の岡本太郎記念館がありました。養女であった岡本敏子さんとの親交の中で、1998年「岡本太郎の家具展」をイデーで開催。それをきっかけに岡本太郎の幻の家具を復刻するにいたりました。

こちらに紹介するどの家具も見れば見るほど岡本太郎そのものであり、挑戦的でありながら愛に満ちた不思議な佇まいで私たちに迫ってきます。

岡本 太郎
岡本太郎(1911〜1996)

東京生まれ。東京美術学校に入学、父母の渡欧に同行し1930年からパリに住む。数々の芸術運動に参加しつつ、パリ大で哲学・社会学・民族学を専攻、バタイユらと親交を深める。帰国し兵役・復員後、創作活動を再開、現代芸術の旗手として次々と話題作を発表した。1970年大阪万博でテーマ館をプロデュース。旺盛な文筆活動も行った。

LINEUP

  • HIKARU CHOUKOKU 1968

    HIKARU CHOUKOKU 1968

    周囲を突き放すように、また抱き寄せるように伸びる手が光とともに空間を侵食していくような、岡本太郎らしい強烈なインパクトのある照明です。

    商品詳細・購入はこちら
  • サイコロ椅子

    サイコロ椅子

    商業的なデザインとは一線を画す、太郎氏が発した自由なかたちの椅子。制作上困難な部分もありましたが、匠の技術により商品化を実現させました。

    商品詳細・購入はこちら
  • YUTTRI ゆったり

    YUTTARI

    一見普通の椅子のようですが、よく見ると非常に彫刻的なフォルム。曲線に生き生きとした力強さが漲っていて、今にも起き上がりそうな雰囲気があります。

    ※イデーショップ直営店舗のみ取り扱い。詳細は各店舗へお問い合わせください。

  • MEBAE めばえ

    MEBAE

    内にエネルギーを秘めて生まれた、きのこのような有機的なフォルムのスツールです。もともと名前がなかったのですが、復刻の際に養女の敏子さんが名付けました。

    商品詳細・購入はこちら
  • IRODORI ISU

    IRODORI ISU

    白いフレームをキャンバスに見立て、10色の紐を絵を描くように自由に編んで完成させるというコンセプチュアルな一脚。
    お好きな色をお好きなように、感性の赴くままにフレームに巻きつけ、世界にひとつだけの彩りイスを完成させてください。

    ※こちらの商品はイデーショップ直営店舗のみ取り扱いです。詳細は各店舗へお問い合わせください。

  • 1. フレームと紐は、ばらばらに届きます。

  • 2. 10色の紐からベースカラーを選びます。

  • 3. 絵の具を重ねるように自由に編みつけます。

  • 4. 座り心地も確認しながら完成。

新規会員登録はこちら