CONCEPT

「POOL」は大量に生産される素材を無駄なく使い、ものづくりの過程で発生するハギレや端材、販売できなくなった商品をためておき、さまざまな企業・クリエーターとつながりながら、新たな価値のある商品に再生させる取り組みです。

監修はminä perhonenのデザイナ―、皆川明氏。オリジナルデザインの生地による服作りを行う皆川氏は、国内外の生産地と連携し、素材や技術の開発に力を注いでいます。

PRODUCTS

  • コロコロのもの

    コロコロのものNEW

    皆川明さんが描いた図案をコラージュした白磁器「cento fiori」シリーズが新しく登場しました。

    LINEUP
  • Everyday Handkerchief

    Everyday シリーズNEW

    無印良品のベッドリネンの生産過程で生まれるハギレで作った肌なじみの良いハンカチやポーチ。皆川明さんのスケッチが刺繍の図案になりました。

    LINEUP
  • いろいろの服

    いろいろの服

    無印良品で生産するファブリックを無駄なく使い切るために生まれました。豊富なカラーヴァリエーションと天然素材の着心地の良さにこだわった、日常に寄り添う普段着。

    LINEUP
  • TONE SOCKS

    TONE SOCKS

    奈良県の靴下工場で発生する残糸を使用したソックス。足首とつま先のラインにポイントカラーを入れてアクセントにしています。

    LINEUP
  • タテヨコシリーズ

    タテヨコシリーズ

    ファブリックの残反に「しょうぶ学園」のアーティストが描いた図柄を大胆にプリントしたキッチンテキスタイルシリーズ。

    LINEUP
  • インセンスシリーズ

    インセンスシリーズ

    防虫・消臭効果があるとされるレッドシダーのハンガーの端材をチップ状にして作ったサシェ。皆川氏の遊び心あるイラスト入りです。

    LINEUP
  • マチマチの灯り

    マチマチの灯り

    minä perhonenと無印良品の生地をシェードにしたランプ。土台は家具の端材を用い、「しょうぶ学園」のアーティストが一つずつ絵を描きました。

    LINEUP
  • 端材チャーム

    端材チャーム

    家具の生産過程で出る端材を使ったチャーム。皆川明さんの手描きスケッチからつくられたモチーフに、minä perhonenの洋服のハギレを使用した紐を結んでいます。

    LINEUP

DIRECTOR

AKIRA MINAGAWA皆川 明

生地産地に足を運ぶことから始まる、オリジナルデザインのテキスタイルによる服作りを行う「minä perhonen」を主宰。流行にとらわれないデザインと物づくりの思想は、北欧的なものと日本的なものの共通項として語られます。
http://www.mina-perhonen.jp/

新規会員登録はこちら