LISA LARSON

Lisa LarsonSwedish Ceramic Designer, Artist

リサ・ラーソンは、世界でいちばん「かわいい」ことを考えているおばあさん。
思わず「かわいい!」と声をあげてしまうようなリサ・ラーソン作品の数々をご紹介します。

LINE UP

リサ・ラーソンのヴィンテージアイテム

VINTAGE ITEMSヴィンテージアイテム

リサ・ラーソンのGustavsberg社在籍時代(1954-1980)からフリーランス時代(1980-1992)のアイテムは、現在では制作されていないデザインも多く、その希少性と経年変化の魅力から大変人気があります。
数十年の時を経たヴィンテージならではの落ち着いた風合いを、お愉しみください。

ラインナップを見る

LION SERIESライオンシリーズ

リサ・ラーソンの代表作ともいえる人気のライオンシリーズ。サイズ違いを親子のように飾るのもおすすめです。

CAT SERIESキャットシリーズ

日本限定の"Dieci Cat"や、丸い体ですました表情の"MIA Cat"など、ネコ好きな方への贈り物としても最適です。

KENNEL SERIESケンネルシリーズ

ふてぶてしい表情のブルドッグなど、それぞれに個性的で愛くるしいドッグシリーズ。

HEDGEHOG SERIESヘッジホッグシリーズ

活発な男の子イギー、モヒカン頭のパンキー、のんびりやの女の子ピギー。日本のみの限定商品。シリアルナンバーが付いています。

SKANSEN SERIESスカンセンシリーズ

スウェーデンの「SKANSEN」という動物園の名前のシリーズ。この動物園にいるアザラシなどをモチーフにしています。

WARDROBE SERIESワードローブ

洋服をモチーフに、1990年代から制作が始まりました。お部屋にひとつあるだけで柔らかな雰囲気を運んで来てくれます。

ABOUT LISA

Who is LISA ?世界でいちばん「かわいい」ことを考えているおばあさん

スウェーデンの陶芸学校を卒業後、1954年にグスタフスベリ社へ入社したリサ。専属デザイナーとして活躍した約20年の間に、穏やかで人懐こい表情をしたオブジェづくりの作風を確立しました。1979年にグスタフスベリ社を退社し、フリーランスとして活動。個展を開きながら海外にも進出。スウェーデンを代表する陶芸作家として、特にアメリカや日本で愛されるようになりました。90年代に再びグスタフスベリ社に工房を持ち、現在は都心から少し離れた森の中で、画家のご主人と暮らしながら創作を続けています。

リサ・ラーソン インタビュー(LIFECYCLING)

リサ・ラーソン

Every single piece is different.作品がひとつひとつちがう訳

グスタフスベリ社から発表している作品は、まずリサが作ったオリジナルの型をとるところから制作がはじまります。できた型に原料をおしこめ、固まったら型をはずします。塗料をぬり、表面を磨きつつ表情を出していく作業を何度か重ねることで、ひとつひとつ少しずつ表情の違う作品になってゆきます。最後に釜に入れて焼いて、完成です。

ひとつひとつが手作り

Craftsmanship愛情を持って職人の手から生み出される作品

リサがいつも楽しそうにしていて、とてもキュートな人物であるのと同じように、工房で働く職人たちもまたとても穏やかな表情をしています。型から出したばかりの作品を整え磨く男性や絵付けをする女性、釜に作品を出し入れする男性。全員がにこやかで愛情をもって制作に携わっています。大切に職人たちの手で仕上げられていく動物たちの表情は、ひとつひとつ異なります。

表情を導きだすようにつくられるオブジェ。リサが今もなお作りつづけている作品たちは、手にとる人のお気に入りになるのを心待ちにしています。たくさんの動物やオブジェがつくりだす世界をじっくり覗いてみてください。きっと気の合う作品に巡りあえるはずです。

穏やかな表情の職人
新規会員登録はこちら