WORLD TEXTILE COLLECTION

トルコ、イラン、ウズベキスタン、モロッコなどの地域に暮らす人々の手によって丁寧につくられてきた、芸術ともいえるテキスタイルの数々。1枚取り入れるだけでお部屋の印象をガラリと変え、日々の暮らしを豊かにしてくれる美しいテキスタイルをご紹介します。

  • KILIM キリム

    KILIMキリム

    Turkey, Iran, Azerbaijan, Central Asia

    トルコ・アナトリア高原から中央アジアの広い地域に住んでいるテュルク族や遊牧民たちが織る、平織りの織物です。遊牧民にとってキリムは、実用的な生活用具というだけでなく、日々の暮らしに豊かさを加える装飾品でもありました。織り手である女性が「生活に彩りを加えたい」「豊かに暮らしたい」と腕を競って織ったキリムは、各々の大切な自己表現の方法でもありました。自由な発想で思い思いに織ったキリムは、色やデザインにオリジナリティーがあふれています。オールドキリムは一般的に100年未満、ニューキリムは10〜15年ほど前に織られたものを指します。

    商品ラインナップ キリム特集ページ
  • GABBEH ギャベ

    GABBEHギャベ

    Iran

    イラン南西部ザクロス山脈に近いシラーズ地方の遊牧民の織物です。ウール100%で、一般的に2cm以上の長い毛足を持つ手織り絨毯を指します。床に敷いてみるとかなりの厚みがあります。冬には雪が積もって零下20度にもなる高原地帯で暖かく過ごすための、遊牧民の生活の知恵が詰まっています。手織りのため、サイドの処理など一点一点違いがあります。
    ギャベに描かれるモチーフは、ザクロス山脈のふもとで暮らす遊牧民が毎日目にする風景。大家族が一緒に暮らす大きなテント、羊、馬、そして遠くに見える山々や草原、そして時折風景に溶け込むように人間たちの姿が登場します。

    商品ラインナップ
  • SUZANI スザンニ

    SUZANIスザンニ

    Uzbekistan, Central Asia

    ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスタンなど、中央アジアの遊牧民に伝わる刺繍を施した布です。語源はペルシャ語で「針」。発祥の地はウズベキスタンで、その後周辺諸国に広まったと考えられています。遊牧民のテントや家々で、壁に掛けたりベッドカバーにして、部屋の中に彩りを添えてきました。キリムや絨毯と同様に、スザンニも花嫁道具とされてきました。結婚の決まった女性が未来の家族のためや幸せな結婚生活を願って作ったり、あるいは花嫁の親族の女性たちが晴れの日のプレゼントに、ひと針ひと針仕上げました。そのため華やかなデザインが多いのです。現存する最も古いスザンニは18世紀のもの。スザンニの最盛期もその頃と言われています。

    商品ラインナップ
  • TURKISH CARPET トルコ絨毯

    TURKISH CARPETトルコ絨毯

    Turkey

    別名アナトリア絨毯とも呼ばれます。最古のトルコ絨毯は13世紀に由来し、長い間製造の中心地であったコンヤで見られます。特に16世紀〜17世紀ごろに作られたものは、ペルシャ絨毯と同等の価値があるとされています。
    トルコ絨毯は、以前カーペット製造を支配していたギリシャの影響を強く受けました。厚めのカーペットは羊毛・綿・シルクで構成されており、トルコ結びで作られています。トルコ結びは別名ギオルデス結び、またトルコバフとも言われます。
    一般的に使用されているのは幾何学的なモチーフが多く、礼拝堂のアーチ型モチーフに基づいています。人や動物はコーランが許可していないため、描かれていません。

    商品ラインナップ
新規会員登録はこちら