Chinoko Sakamoto坂本 紬野子

彫刻家・坂本紬野子さんは、ロンドンの美術大学で彫刻を学んでいる時に粘土という素材に出会いました。自由に手で作っていくことができる反面、形を作る時間が限られている中で、作りたいイメージをメモし、粘土を触り、考えては足し、触ってはまた考えてを繰り返しながら作品を作り上げます。
生命を感じるオーガニックなフォルムとおおらかな釉薬の色合いは、眺めるだけでも優しい気持ちになります。いくつか組み合わせて飾っても楽しい、空間に彩りを添えてくれる作品です。

Chinoko Sakamoto 坂本 紬野子
Chinoko Sakamoto坂本 紬野子

1992年生まれ。2016年イギリス、ロンドン芸術大学キャンバウェルカレッジオブアーツ彫刻科卒業。2018年帰国し現在は長崎を拠点に制作。大学在学中に陶芸をはじめ、集めたモチーフや形のインスピレーションを元に手びねりという技法で制作している。釉薬は自ら調合したものを使い、古さと新しさが混在する色とテクスチャーを求め日々実験を重ねている。