Life in Art アートのある暮らし

福運ぶ!丑モチーフのオブジェとアート

2021年の干支は「丑」。
新年に飾る干支には「年の神様」をお迎えする役割があるといわれています。また一年を通して家を守りながら「ときの運」を引き寄せる縁起物になるともいいます。
丑(牛)と人間の関係は古く、弥生時代から農作業に欠かせない動物でした。農耕神の使い、豊作のシンボル、豊さへの願いを象徴する動物と伝えられています。

そんな丑のモチーフを、今回ふたつの切り口で蒐めました。ひとつは日本各地で作られてきた丑の郷土玩具。もうひとつはイデーと交流の深いアーティストや作家の方々に制作していただいた丑作品。 2021年を新たな気持ちで迎え、日々を楽しく豊かに暮らすことを願う、丑のアートをお部屋に飾ってみていかがでしょうか。

第一弾丑の郷土玩具

郷土玩具は、江戸時代後期頃から日本各地で身近にある紙や木、竹や土などの材料を使い、こどもの健やかな成長を願って作られてきました。時代の変化とともに後継者が減り、玩具作りが途絶えてしまう地域もあるなか、郷土玩具に魅了され収集する大人たちや伝統を守ろうとする若い作家が現れ、郷土玩具の文化は現代にも伝え作られ続けています。

2021年の干支である丑にちなんで、日本各地で作られている牛の郷土玩具を蒐めました。素朴で懐かしい、郷土文化を色濃く感じる豊かな作品たち。
お気に入りの一品をお探しください。

丑の郷土玩具ラインナップ

※東京駅改札内にあるIDÉE TOKYOでも丑の郷土玩具を展示販売しています。

第二弾丑モチーフのオブジェとアート

マチス、ピカソ、リサ・ラーソンなど、さまざまなアーティストによる動物をモチーフにした作品はイデーでも人気の高いアイテムです。どこか微笑ましく、暮らしに彩りと癒しを与えてくれるアート作品は、贈り物にも喜ばれます。

今回はこの企画のために、イデーと親交のある6人のアーティストや作家の方々に特別に作品制作を依頼し、バラエティーに富む素晴らしい丑(牛)作品の数々をお届けします。
ぜひユーモアあふれる丑アートとともに新年をお迎えください。

丑アート作品ラインナップ
  • 舞木和哉

    クリエイター。1976年香川県生まれ。イラストを描いたり紙にまつわるデザインを日々制作中。

    舞木和哉 作品一覧
  • 山口一郎

    画家。香川県在住。セツ・モードセミナー卒業。青山のDEE'S HALLなどで定期的に個展を開催し、海外のギャラリーでも展示会を行う。

    山口一郎 作品一覧
  • coricci

    ドローイング、ペットポートレート、プロダクトサーフェスデザイン、版画技法を応用した独自画法を追求。店舗内装のアート制作監修も行う。

    coricci 作品一覧
  • 今井律湖

    2012年より益子町を拠点に活動中。

  • 中村大介

    ICSカレッジオブアーツ卒業後、special source勤務。
    山の風景や落ちている木などからインスピレーションを受け、山びこ(山の神様・精霊・妖怪)を制作しています。

  • 山田一成

    ワイヤーアーティスト・グラフィックデザイナー・アートディレクター。動物や昆虫をモチーフに、シンプルな曲線で作るワイヤーアートを探求、ストーリーを感じられる世界観を大切に日々制作中。