How To Choose Dining Tableダイニングテーブルの選び方

ダイニングテーブルの使い方はひとそれぞれ
食事をするスペースであったり、
パソコンや書きものをする作業台であったり、
お子様の勉強机として使ったり。
いろいろな用途に使えるからこそ、
長く愛用できるダイニングテーブルを選びたいものです。
今回はダイニングテーブル選びの4つのポイントご紹介します。

Point1 使い方を考える

まずはダイニングテーブルをどんなふうに使いたいか、具体的にイメージしましょう。食事をするイメージ、ちょっとした作業をするイメージ、お客様をお迎えするイメージをテーブルを置きたい場所に重ね合わせながら、考えてみてください。イメージした雰囲気でテーブルを選ぶときのポイントをいくつかあげてみました。

1.ダイニングがメイン

MARGOT SQUARE DINING TABLEがあるシーン

ダイニングで過ごす時間を大切にしているという方には、使うほどに愛着がわくような、素材にこだわった落ち着きのあるデザインをお勧めします。無垢のオーク材を使ったMASSIF(マシーフ)シリーズや、程よい重厚感を感じさせるモダンなデザインのMARGOT(マーゴ)シリーズなど、ともにロングセラーアイテムです。

MASSIF DINING TABLE
MARGOT SQUARE DINING TABLE

2.お客様をむかえることが多い

TAMPT TABLE があるシーン

お客様をお迎えすることが多い、けど普段はお部屋のスペースを有効的に使いたい。そんなご要望には、フレキシブルにサイズを変えることができるエクステンションテーブルをご紹介します。

TAMPT TABLE
ASH EXTENSION TABLE

3.用途を変えられる

STILT TABLEがあるシーン

小さめの引き出しがついているような、機能性をもったテーブルは、用途を変えられることもポイントのひとつ。普段はダイニングテーブルとして使いながら、読みかけの本や細々とした文房具などをそっと収納できるので、デスクとしても機能します。

STILT TABLE
SOUDIEUX TABLE

視線の先に
アートを飾る

MALUH DINING TABLE ANTON brownがあるシーン

座ったときの風景をイメージしてみましょう。視線の先にお気に入りのアートやディスプレイコーナーを配置することで、食卓を華やかに演出します。

Point2 形とサイズを検討する

1人分のスペース

食事をするときに、快適な1人分のスペースは、おおよそ幅60cm 、奥行40cm と言われています。これに家族の人数をかければテーブルの大きさを算出できます。お客様を迎えることが多い場合は、その分も余裕をもって考えるとよいでしょう。

食事をするときに、快適な1人分のスペースは、おおよそ幅60cm、奥行40cm。

ダイニング周りに必要な空間

ダイニングには、テーブルやイスの大きさに加え、イスを引いたり、人が通るためのスペースを確保する必要があります。室内の寸法を確認して家具の配置を決め、快適に暮らせる動線をつくりましょう。

椅子を引く 70〜80p、座る 40〜50p、後ろを通る 60〜90p

使用人数で選ぶテーブルサイズ

1〜2人用なら、テーブルは幅と奥行きともに80p 以上のものがおすすめです。3〜4人用の場合、テーブル幅は120p 以上必要です。5〜6人用では幅180p 以上、7〜8人掛けでは幅220p以上のものが目安。円形テーブルは、長方形に比べて占有面積が広いので、スペースが十分に確保できない場合は、長方形がおすすめです。短い1辺を壁やカウンターにつけると占有面積はより少なくなります。幅にゆとりをもってお選びいただくと、お客様やご家族が増えた場合に対応できます。

座席数とテーブルの大きさの関係図

形のメリット、
デメリット

テーブルの形は、部屋の広さと併せて考えましょう。それぞれの形のメリット、デメリットをよく検討してみてください。

正方形 正円 長方形 楕円

SIZE VARIATION サイズバリエーション

ARC DINING TABLE Maple ASH EXTENSION TABLE ASH EXTENSION TABLE ASH EXTENSION TABLE DINING TABLE Natural MALUH DINING TABLE Natural MARGOT SQUARE DINING TABLE 16 Walnut MARGOT SQUARE DINING TABLE 20 Walnut MASSIF DINING TABLE 16 MASSIF DINING TABLE 18 MASSIF DINING TABLE 22 SOUDIEUX TABLE 1400 SOUDIEUX TABLE 1600 SOUDIEUX TABLE 1800 STILT TABLE TAMPT TABLE TAMPT TABLE

Point3 素材と色を選ぶ

天板の素材は、部屋のドアや建具の色味と合わせることで、印象がまとまりやすくなります。
明るめの色味は柔らかな印象。濃いめの色味は重厚感と温かみのある印象。同じ木材でも、塗装の方法によって雰囲気がかわりますので、部屋に合わせた素材と色をお選びいただけます。

メンテナンスをして風合いを楽しむ

一般的には天板にウレタン塗装がしてあるものが多く、濡れたものを置いても跡が残りにくくなっています。一方、無塗装のオイル仕上げも人気で、使い込むほどに独特の風合いを楽しめます。専用のオイルを、少しずつ塗りこんでいくと、ツヤを保ち濡れ色感のある美しい表情を作ります。

ドライデンポリッシュ 100cc

ドライデンポリッシュ 100cc

  • 商品詳細・購入へ
  • ラグと
組み合わせて

    テーブルの色と、ドアや建具の色との色味がどうしても合わせられないときは、床とテーブルの中間色のラグを敷いてみましょう。 調和がとれ、印象がまとまりやすくなります。

    IKI DINING TABLEがあるシーン

    Point4 チェアを選ぶときのコツ

    チェアとテーブルのバランスを考えながらチェアを選びます。気に入ったシリーズでそろえるのはもちろん、ひとつのテーブルで形や色の異なるイスを楽しみた い、という場合には、半分ずつ(4脚だったら2脚ずつ)選んでみてください。男性と女性では、くつろげる形やサイズが異なることが多いため、ご夫婦だった ら、それぞれが快適と思うチェアを2脚ずつ揃えるのもいいでしょう。
    脚の色をそろえて張り地を違うものにしたり、脚の素材を変えて張り地の色を合わせるなど、どこかに共通点があると全体がまとまります。

    LOOMIS CHAIRANTON CHAIRBARBAS CHAIR

    チェアとテーブルのバランス

    座面から天板までの距離が27〜30cm、食卓に置いた肘が直角になるくらいが身体に合うとされています。

    座面から天板までの距離が27〜30cm、食卓に置いた肘が直角になるくらい

    張り地選びを楽しむ

    選べる張り地の一例

    お好きな張り地を選んでいただけます。質感や発色にこだわった生地、ビニールレザー、本革の豊富なラインナップからお選びください。気になる生地があれば、生地サンプルを無料でお届けするサービスもございますので、ぜひご利用ください。詳細はこちら ≫