カーテンの選び方

How to Choose Curtainカーテンの選び方

部屋の中で大きな面積を占めるカーテンは、
空間の印象を決める重要なアイテム。
コーディネートのコツを押さえれば、インテリアをさらに楽しむことができます。
気分や季節の変化に合わせて、カーテンでお部屋の印象を替えてみてはいかがでしょうか。

Point 1カラーコーディネートの基本

心地よいお部屋づくりには、「色」の効果が欠かせません。色の基本について簡単に押さえておきましょう。

色の配分

カラーコーディネートでは色と色の相性が大切ですが、どの色をどのくらいの面積で使うかという、色の「配分」も重要です。お部屋は、主に「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」の3つで構成されます。「70%:25%:5%」を目安に色の配分を考えると、カラーバランスがよく、心地よいお部屋になります。

ベースカラー
床・壁・天井など部屋の基本となる色のこと。天井と壁はアイボリーや明るいベージュ、床は同系色の茶色などでまとめるのが一般的です。
メインカラー
ソファ・家具・カーテンなど インテリアの主役となる色。自分らしさを表現したい部分です。
アクセントカラー
インテリアのポイントや引き締め役にもなる「差し色」。クッションやランプシェード、小物など 、気軽に変化を楽しめるアイテムに用います。
ベースカラーとメインカラーとアクセントカラーは70%:25%:5%が目安です。

■ 色の「仕組み」

色は「有彩色」と「無彩色」に分かれます。有彩色は赤、青、黄色といった色み(色相)、明るさ(明度)、鮮やかさ(彩度)の違いを持っています。無彩色は、明度の違いによって白、黒、グレーになります。

色の仕組み図

■ 「色相環」

「色相環」は赤、橙、黄、緑、青、藍の順番に円環に並べた色配列のこと。色相は「暖色」「寒色」「中性色」に分けられます。色相環で対向の位置にある色を「補色」といいます。左右に隣合う色相を「類似色」といいます。

色相環図

■ 色の「トーン」

「トーン」とは色調のことで、明度と彩度で色の調子を表します。純色(派手なトーン)に白を少しづつ加えると、明度は高く、彩度は低くなっていきます。また、黒を加えていくと明度、彩度とも低くなっていきます。

色のトーン図

■ 基本となる3つの「配色パターン」

類似色のコーディネート例
類似色

類似色とは色相環で左右2色ぐらいまでの隣り合う色のことです。色の性格が似ているため、色同士がぶつかり合うことがなく、違和感のない安心できる空間になります。

反対色のコーディネート例
反対色

補色の関係にある色の組み合わせです。互いに色を引き立て合い、メリハリがつきインパクトある空間になります。元気で明るいイメージを演出できます。

同一色のコーディネート例
同一色

同じ色相でトーンの違う色を組み合わせる方法です。他の色みが入らないのでまとめやすく、失敗の少ないコーディネートです。シックで落ち着いた空間になります。

Point 2ドレープ×レースカーテンの合わせ方

一般的なカーテンの吊り方は、室内側に厚地で光を遮る「ドレープカーテン」、窓側に薄くて光を透過する「レースカーテン」をつける2重吊りです。
ところが最近は、室内側にレース、窓側にドレープと、従来とは逆の吊り方も人気です。
この吊り方ではレースの透け感や色柄を生かし、背景となるドレープとの組み合わせを楽しむこともできます。

Keegan

シンプルな無地のドレープカーテンには、全体に柄やデザインが施されたレースカーテンを組み合わせて。

Caleido / Elke

アクセントカラーのあるカーテンの組み合わせは、選ぶ色によってさまざまなテイストに合わせられます。

Colore / Amy

色選びの楽しい無地のカーテン。柄のあるレースカーテンとの組み合わせも楽しめます。

Point 3コーディネート事例のご紹介

これまでのポイントから、イデーがおススメするコーディネートをご紹介します。 カーテンとお部屋のコーディネートをお楽しみください。

Strawberry Thief

ソファと同系色で揃えることで、インテリアにまとまりが生まれます。

VERVE

カーテンに使われている色に合わせて、ラグやクッションなど小物をチョイス。

POD

大きめの柄でも、色みを統一するとインテリアになじみやすくなります。

READYMADE CURTAINレディメイドカーテン

おすすめの生地をセレクトしお仕立てする、既製サイズのカーテンをご用意しています。 一般的な窓の高さにあわせたサイズ展開にすることで、納期を短く、手に取りやすい価格でお求めいただけるカーテンラインナップです。お引越しや模様替えに、お気軽にご利用ください。

■ 仕様
片開き1枚・天付・タッセル1本付・プレーン仕上げ
■ サイズ ※5サイズ展開 (mm)
腰窓タイプ : W1000×H1050 / H1350
掃き出し窓タイプ:W1000×H1780 / H2000 / H2200

レディメイドカーテンのラインナップはこちら

FAQよくあるご質問

カーテンのサイズはどのように選べばいいですか。

Step1. カーテンレールの長さを測ります。
Step2. 窓の高さを測ります。
※腰窓はカーテンレールのランナー下から窓の外枠までの長さ、掃き出し窓はカーテンレールのランナー下から窓の床までの長さを測ります。

カーテンのサイズは、掃き出し窓タイプ:W1000×H1780 / H2000 / H2200(mm)、腰窓タイプ:W1000×H1050 / H1350(mm)をご用意しています。
例えば、レールの長さ1650〜1700(mm)窓の高さ2000(mm)の場合は、掃き出し窓タイプW1000×H2000(mm)を2枚お求めいただくと、窓のサイズにあったカーテンとなります。

フックの形状はどうなっていますか。

アジャスター付きのフックです。
アジャスターをつかって、カーテンの長さを微調整することができます。

洗濯はできますか。

ご自宅でのお洗濯はお控えください。生地の縮みの原因となります。お近くのクリーニング店でのドライクリーニングをお勧めします。

他のサイズ、生地は選べますか。

他のサイズ、生地をご希望の場合は、オーダーカーテン取り扱い店舗にてご相談を承っております。
欧米のメーカーを中心に、様々な生地を取り揃え、セミオーダーでお仕立てをしています。
カーテンスタイルのご相談も無料で承っておりますので、取り扱い店舗までお気軽にご相談ください。

取り扱いブランド各種
カーテン取り扱い店舗
  • ※一部の店舗はレディメイドカーテン、ラグのみのお取り扱いとなります。詳しくは店舗までお問い合わせください。
  • 渋谷店はラグのみのお取り扱いとなります。
  • 自由が丘店についてはこちら
  • 二子玉川店についてはこちら
  • 東京ミッドタウン店についてはこちら

カーテン以外のアイテムの取り扱いはありますか?

イデーショップ店舗では欧米のメーカーを中心に、さまざまなファブリック、ブラインド、シェード類を取り揃え、セミオーダーでお仕立てをしています。
スタイルのご相談も無料で承っておりますので、店舗スタッフまでお気軽にご相談ください。

  • ※一部の店舗ではお取り扱いのないアイテムもございます。詳しくは店舗までお問い合わせください。
Order Curtain
Order Curtain
Blind / Shade
Blind / Shade
Roman Shade
Roman Shade
Vertical Blind
Vertical Blind
Silhouette Shade
Silhouette Shade

お部屋を上手にコーディネートできるか不安です。

イデーのインテリアコンシェルジュが、理想のお部屋を実現するために、3Dシミュレーターを用いて、家具のレイアウトやカラーコーディネートなど、ご要望にあわせたインテリアのご提案をいたします。
シミュレーションの費用は無料ですので、図面をお持ちのうえ店舗スタッフまでお気軽にご相談ください。

3Dシミュレーターによるインテリアコーディネートサービス使用例