Taro 力をもらう家具―岡本太郎の家具

戦後の日本に於いて、その強力な個性と行動力で圧倒的な存在感を残した芸術家岡本太郎さんは、絵画や彫刻のみならず、家具や照明、食器や電化製品にいたるまで、生活の中に登場する様々なプロダクトのデザインを手がけています。太郎さんにとっては芸術もデザインも同じ地平にあり、その創作には変わらぬ情熱を注いだといいます。

かつて南青山にあったイデーショップのお隣には岡本邸、現在の岡本太郎記念館がありました。そして養女であった岡本敏子さんとの親交の中で、1998年「岡本太郎の家具展」がイデーで開催されることになり、それをきっかけに岡本太郎の幻の家具が復刻されました。 カタログ「IDÉE Furniture Collection 2012-2013; LIFECYCLING ISSUE」より引用

こちらに紹介するどの家具も、見れば見るほど岡本太郎そのものであり、挑戦的である一方、愛に満ちた不思議な存在で私たちに迫ってきます。

【写真】岡本 太郎氏
【写真】IRODORI ISU 彩りイス

IRODORI ISU 彩りイス / 商品詳細ページへ

白いフレームをキャンバスに見立て、10色の紐を絵を描くように自由に編んで完成させるというコンセプチュアルな一脚。
お好きな色をお好きなように、感性の赴くままにフレームに巻きつけ、世界にひとつだけの彩りイスを完成させてください。

  • 1. フレームと紐は、ばらばらに届きます。

  • 2. 10色の紐からベースカラーを選びます。

  • 3. 絵の具を重ねるように自由に編みつけます。

  • 4. 座り心地も確認しながら完成。

【写真】YUTTRI ゆったり

YUTTARI ゆったり / 商品詳細ページへ

一見何気ない椅子のようでありながら、よく見ると非常に彫刻的なフォルム。 あらゆる曲線に生き生きとした力強さが漲っていて、今にも起き上がりそうな雰囲気を持っています。

【写真】YUTTRI ゆったり

MEBAE めばえ / 商品詳細ページへ

秘めたエネルギーを内包して生まれてきた、きのこのようなフォルムがユニークなスツールです。

【写真】サイコロ椅子

サイコロ椅子 / 商品詳細ページへ

制作上、困難な部分もありながら、匠の技術によりアイテム化を実現させた、商業的なデザインとは一線を画す自由なかたちの椅子です。

【写真】HIKARU CHOUKOKU 1968 光る彫刻 1968

HIKARU CHOUKOKU 1968 光る彫刻 1968 / 商品詳細ページへ

周囲を突き放すように、また抱き寄せるように伸びる手が光とともに空間を侵食していくような、岡本太郎らしい、強烈なインパクトのある照明。

【写真】岡本太郎の家具・照明がある風景
ページの先頭へ
新規会員登録はこちら