2012年にイデーのインタビューウェブマガジン "LIFECYCLING" のインタビューで出逢った染色家・アーティストの柚木沙弥郎氏。「アートを通して、これからの日本の暮らしを良くしていく」という共通の想いを胸に、個展の開催やパリでのリトグラフ制作など、これまで10年間ともにものづくりに励んできました。

2022年は柚木氏が100 歳を迎えるアニバーサリーイヤー。
今年は "FESTIVITY!" をテーマに皆さんとクリスマスを祝い、柚木氏とイデーが提案してきた「Life in Art(日常芸術)」を改めて体感していただく機会になればと願います。

GIFTING NATURALLY!

LET'S CELEBRATE! SAMIRO YUNOKI ×
IDÉE CHRISTMAS

クリスマスのしつらえとして柚木氏の原画や図案を元につくった型染めタペストリーやオーナメントなどのインテリアアイテム、背景にあるストーリーとともに贈る・選ぶことも愉しいクリスマスのギフトアイテムをご用意しました。
お部屋も心も温まる、アートのある豊かなホリデーシーズンが訪れますように。

Xmas限定アイテム一覧を見る

Tree of Life型染タペストリー 生命の樹

ツリーやリースを飾るのはもちろん素敵だけど、アートでクリスマスをしつらえてみるとどうだろう。そんなアイデアからうまれた型染タペストリー。
メキシコの工芸品である土細工の「生命の樹」をクリスマスツリーに見立てた原画を柚木氏に描いていただきました。その原画を抱えて向かったのは、湯河原に工房を構える型染工房たかだ。型染で多彩な表現をするのは至難の業です。すべて手仕事で作られたタペストリーは型染の魅力を存分に愉しめる1枚。
メキシコでは食卓を明るく灯すためにも使われている生命の樹。エネルギー溢れる鮮やかな型染タペストリーは、クリスマスのしつらえにはもちろん、みなさんの日常を賑わせてくれることでしょう。

型染工房たかだ

高田正彦(型染作家 1947年−2018年)は、1970年芹沢_介氏の下に内弟子として入る。 長年修行を積み、その後湯河原に工房を構え独立。現在は長男の田長太氏が型染工房たかだ2代目を継承。大学卒業後、約15年にわたり、父と共に仕事をすることで、型染の技術を習得。「実用的かつ美しいもの」を念頭に、工芸品としてではなく、民芸品としての型染、日常的に使うことのできる型染を提供している。

Mobile, Ornamentsモビール、オーナメント

柚木氏が今回のイデーのクリスマスのために描き下ろしたサンタクロースや雪だるまなどのモチーフのアートワークをモビールとオーナメントにしました。

  • モビールはゆらゆら揺れるサンタたちがまるで踊っているようにもみえる愛らしさ。

  • オーナメントはクリスマスツリーや壁に飾って楽しむだけでなく、裏にはメッセージを綴れるよう罫線が入っています。ギフトに添えて贈るのもおすすめです。

Alphabet / Zebra
Limited Itemsアルファベット/シマウマ 限定アイテム

柚木氏がイデーのために描きおろした「アルファベット」と「シマウマ」、2種類の図案でクリスマス限定アイテムをつくりました。

  • イデーオリジナルのアイユベースランプのシェードに。プリントが引き立つよう陶器のベース部分をホワイトにした特別仕様です。

     
  • イデーの定番チェア、フェレチェアとジャンゴアームチェアの張り地にも。

     
  • IDÉE TOKYOにて限定販売しているDaily Socksクリスマス限定のカラー。シマウマ柄の靴下は初登場。期間中は全店で販売します。

     
  • ウール混ジャカード生地を使用したブランケットと、チェアと同じファブリックを使用したクッションカバーはお部屋のアクセントに。

     
  • ジャカード織で図案を表現したキッチンテキスタイル。使い込むほどに柔らかく、馴染んでいく過程も愉しめます。

     
Xmas限定アイテム一覧を見る
新規会員登録はこちら