ABOUT KILIM キリムとは

キリムとは、トルコ・アナトリア高原から中央アジアの広い地域に住んでいるチュルク族や遊牧民たちが織る、平織りの織り物です。

遊牧民にとってキリムは、実用的な生活用具というだけでなく、日々の暮らしに豊かさを加える装飾品でもありました。織り手である女性が「生活に彩りを加えたい」「豊かに暮らしたい」と腕を競って織ったキリムは、各々の大切な自己表現の方法でもありました。自由な発想で思い思いに織ったキリムは、色やデザインにオリジナリティーがあふれ、ひとつのアートピースと言えます。

女性たちは遊牧生活の中での空いた時間に織っているため、他の仕事が忙しくなればキリムを織ることができません。再開したときには気分が変わって、柄が左右対称でなくなったり、色や模様が途中で変わってしまうこともあるようです。このおおらかさが個性や味わい深さ、あたたかみを生み出し、同じものはひとつとして存在しません。出会いとひらめきで、インテリアにキリムをとりいれてみませんか。

VARIOUS KINDS OF KILIM いろいろな種類のキリム

NEW KILIM ニューキリム

NEW KILIM ニューキリム

織られてから比較的日の浅いもの(およそ10〜15年ほど)を指します。ニューキリムはもともと販売・輸出用に生産されており、手ごろな価格で使いやすいサイズが手に入るのが魅力です。オールドキリムではなかなか見つけにくいデザインがリプロダクションとして手に入るのも、ニューキリムならではです。

商品ラインナップはこちら

OLD KILIM オールドキリム

OLD KILIM オールドキリム

幅広く様々な状態のものが出てくるオールドキリム。織られてから100年未満のものを指します。本来は商業用ではなく、家庭用として織られ、実際に暮らしのなかで使われていたものです。色・デザイン・目の細かさなど、現在生産されているキリムではもう見られない様々な技術が織り込まれています。

商品ラインナップはこちら

ACCESSORY ギャベ / クッション / オットマン

ACCESSORY ギャベ / クッション / オットマン

オールドキリムを張り地に使ったオットマンやクッションカバー、毛足の長いギャベやミニサイズのキリムなど、手軽にインテリアに取り入れることができるアイテムをご紹介します。それぞれ個性のあるデザインや色使いで、サイズの小さなアイテムでも空間のアクセントになります。

商品ラインナップはこちら

HOW TO CARE キリムのお手入れについて

普段のお手入れは、掃除機を丁寧にかけ、ホコリをよくとり、時々、外で干して風を通す程度で十分です。

キリムはウールで出来ているため湿気を嫌います。梅雨などの湿気が多い季節には、晴れの日を見計らって陽に干し、湿気がキリムの中にたまらないようにしてください。サイズが大きくて干すことが難しい場合は、キリムをめくってキリムとフローリングの間に風を通すようにしてください。

ご家庭で洗濯する場合は、衣料用の洗剤を入れた水かぬるま湯にしばらく浸してから、手でやさしく押し洗いします。よくすすいで脱水機にかけた後、シワを伸ばし、形を整えて干します。

  • ※ お湯はウールが縮むため、避けてください。
  • ※ 過度にこすったり、ひっぱったりすると、ゆがみやいたみの原因となります。
  • ※ 色落ちする場合がありますので、他のものと一緒に洗わないでください。
    初めて洗う際は、目立たないところで試し洗いしてください。
新規会員登録はこちら