サフィールシリーズ

繊細ながらも使いやすい。伝統的だけれど洗練されている。
和食器の長所はそのままに、現代の食生活に合うようデザインされた
有田焼のテーブルウエア、サフィールシリーズ。
青みがかった透明感のある白磁と、
青磁の薄青に染付けの青を象嵌の技法で織りなしたライン入りの青磁。
料理や季節に応じてテーブルコーディネートをお愉しみいただけます。

背筋が伸びる、姿の良いテールウエア

見た目はシンプルながら、カーブや高台、サイジングなど細部にこだわったサフィールシリーズ。
伝統的な有田焼の作り方は継承しつつも、現代のスタイルに合うようデザインされています。
サイズ違いや形違いをテーブルに並べたときにはもちろん、
重ねて食器棚に収まっている姿も美しいのが特徴です。

ふだん使いにちょうどいい器

日本の主な磁器として知られる有田焼。
陶石を主原料とする磁器は、ひんやりとしたガラスのようななめらかさと硬さがあり、
薄手なのに比較的丈夫なので、日常使いに向いています。
指で軽く弾くと、金属音のような高い音が出るのも特徴です。
美しさだけでなく機能性も備えたテーブルウエアは、
ハレの日にもふだんの食卓にも活躍します。

バリエーション豊かなラインナップ

プレート、ボウル、シリアルボウル、ライスボウル、ゴブレット、フリーカップ、ピッチャー。
サフィールシリーズは器の大きさ・種類のバリエーションが豊富で、用途に合わせてお選びいただけます。
凛と澄ました表情のシンプルなテーブルウエアは、いつものメニューを一段と引き立ててくれます。
ホームパーティなど人が集まる機会に備えて、あれこれ揃えたくなるラインナップです。

ィールシリーズ ×
チャイニーズレシピ

洗練された表情のサフィールには、
和食や中華がよく似合います。
ちょっとずつ色々なメニューを小皿に盛り付けて、
気の置けない友人の集まる席や、晩酌のお供に。
手軽にできる中華のレシピ、ぜひお試しください!

(料理・レシピ 藤井志織 [writer/editor])

青菜炒め

  1. 1. フライパンに太白ごま油と、皮をむいて半分に割ったにんにくを入れて加熱する。
  2. 2. ざく切りにした青菜(チンゲン菜、小松菜など)を芯のほうを先に入れてさっと炒め、塩を振る。
  3. ※青菜を直前まで冷水に浸けてパリッとさせておくのがポイント。青菜は豆苗でもおいしい。

ズッキーニの辣油和え

  1. 1.ズッキーニは薄めの乱切りにし、熱湯でさっとゆでる。
  2. 2.水気を切り、辣油で和える。味をみて足りなければ、塩で調整する。

ジャガイモの花椒和え

  1. 1. 小鍋に太白ごま油と花椒(粒)を入れて弱火で熱し、ふつふつと泡が出てきたら火を止めて(焦げやすいので注意)そのまま冷ます。
  2. 2. 皮をむいたじゃがいも(メークインがおすすめ)を千切りにし、水にさらしてから、塩を入れた熱湯で1〜2分ゆでる。
  3. 3. 水気をきり、熱いうちに花椒油と和えて、塩で味を調え、冷蔵庫で半日冷やす。

海老と長芋とパクチーの
春巻き

  1. 1. むき海老は、たて塩(海水くらいの濃度の塩水)→真水の順に洗い、一口大に切る。長芋は皮をむき、1〜2cmの角切りにする。パクチーは根と茎は細かく刻み、葉は粗く刻む。
  2. 2. 以上をボウルに入れ、ナンプラーで和えたものを、春巻きの皮で巻き、170度で5〜6分揚げる。
  3. ※食べるときにレモンを絞ってもおいしい。